DVやモラハラ、毒親等を始めとした家族の問題、アダルトチルドレン、働く上でのストレス等を中心に、現役のシステムエンジニアがカウンセリングを提供しています

Regrow Skill

雑記

過眠症で会社をクビになった人の「ちょうど1年後」について書いてみよう

投稿日:

最近、寒暖差が激しく身体の調子もちょっと狂っちゃうこの頃
先の金曜日には、早退された隣の席の方がインフルエンザだったという事を聞いて戦慄しております。マジかよ。
確かに月・火と僕も風邪&花粉症開始のダブルパンチでダウンしてた訳ですが…

関東は特に今、インフルエンザが猛威を奮っているようなので、皆様お気をつけて…

さて、今日の本題は…
以前書きました「過眠症で会社をクビになったら翌日からスッキリ治ってしまった話」
の後日談というか、経過を色々書いてみようかと思います。

過眠症でクビになった話はこちらからどうぞ

ぼちぼち書いてみようかな、と。今でこそ「カウンセリング・エンジニア」とか「メンズカウンセラー」とか謎の肩書を持ち始めた僕ですが、これでもつい最近…具体的には今年始めまで、なんと「正社員」という肩書を持っていた訳ですよ。わあ!正社員!スゴイ!安定して...

簡単にまとめると…

過眠症では自分の場合、月に1~3回程、1日12時間以上…下手すれば20時間近く睡眠してしまい何しても起きないという事が起こってたんですよ。
当然、結果的に無断遅刻無断欠勤になってしまう事が多く…
睡眠外来では過眠症と診断され、薬やら何やらバカスカ出されても一向に効果なしという感じ。

当然会社で問題となり「適切な生活リズムを取り戻すため」に1時間時短勤務となり
みなし残業分の賃金をカット毎月マイナス10万円くらいかな。
「問題が無くなったら勤務体系と賃金を戻す」とのフワッとした約束のもと、足掻いてはみたのだけれども
「月の過眠症発動が半年間ゼロにならなかった為」去年のこの日に肩を叩かれ「自主退社か解雇か」というデッドオアダイを選ぶこととなったワケです(苦笑)
さて、ここからはそれからの1年について書いてみようと思います。

過眠症で会社をクビになってから起きたこと。

精神的に解放された

「あ、もうこの会社行かなくて良いんだ…!」
と実感した瞬間から、精神的にフッと楽になったんですよ。

その瞬間から、思考が回る回る。
なんというか、脳に絡みついてた足枷とか重りがパーンと全部取れた感覚。
在社時は、普段しないようなケアレスミスだったりがよくあったんだけど、ミスの元となる思考の重さが完全に取れた感じ。

見える範囲も広がった…というか本来の視野に立ち返ることが出来たというのが近いかな?

減給時代を乗り切るために使った貯金も随分減ったし、収入源は今んトコ無いしで
そういう意味では不安はあったんだけれども
そんな不安なんぞより、この解放感がたまらなかったです…w

まあなんとかなるかあと楽観的に考えつつ、ぼちぼち仕事でも探すかねえなんて考えながら
1ヶ月間、全力でぐうたらしたり、したいことしたりしてたかな。

日がな一日ゲームしてみたりw
昔一緒に仕事してた方に連絡してみたり
ロードバイクで遠出したり…

本当に人生が輝いてた(笑)1ヶ月だったように思う。

月末くらいには、好きに遊ぶ日々に飽きる程だったので、そりゃ相当だった気がしますw

毎日健康的な睡眠が適切な時間だけとれるようになった

それと同時に、1つ大きな変化がありました。
なんと、過眠症の発作が全く起きなくなったんですよ。
しかもクビになった翌日から。

夜は12時前には寝て、朝は6時~7時くらいに起きちゃう。
何も気をつけてないのにも関わらず…なんだよね。これ本当に不思議だったんだよね。

結局、過眠症の原因って仕事なり会社のストレスだったんじゃね?という事に思い至る。
元々朝は弱い方ではあるけども、それすらなくなってしまったので、これには本当に驚いた。

次の仕事はすぐに見つかった

2月中に連絡を取った、昔一緒に仕事してたエージェントさんから折り返しがあり
なんだかトントン拍子に次の仕事が決まったんですよね。
フリーのエンジニアとして、現場常駐して開発支援をする仕事。

勿論、また過眠症とか起こしたらやだなあなんて思ってたんだけども
3月からそこで働き初めて、過眠症発作は一度も起きていないんですよ。
風邪を拗らせたり、肋骨を傷めたり、役所に行く用事があったりで休む機会もあり、皆勤賞とまでは行かなかったんだけども
十分、常識的な範囲内だったと思える。

年収はクビになった年の3倍程度になった

まあ、前職をクビになった年の年収が
ぶっちゃけ、新卒程度・下手すりゃ新卒以下のものだったというのもあるんだけどもw

一気に経済状況は上向いたかな。
自分で言うのもなんだけど、エージェントさんから伝え聞いた所によると
現場からはかなりの高評価を頂いているという事でした。
最初は3ヶ月契約だったのが延長に延長を重ね、まだこれからもしばらく今の現場で働ける事になりそうです。

あれ?自分ってそこそこ出来たんだ?なんていう所から
自身や自己肯定が育てられた気はしています。
本当にありがたい。あとお金大事。

結婚した

自分ではこれが1番びっくりしたわ!
何なら前社在籍中は離婚してたわ!!
これも、解放されたからだなあというのは最近本当に感じてる。
前社在籍中の追い詰められた感じの自分では、まあ妻さんは見向きもしなかったろうなあって思うw
まあこんな感じで、1年前には想像も出来なかったくらい
上向き前向きに生きております。まあ人間なんとかなるもんなんだよなあってのを実感してます。

自分だけの問題じゃなくて、社会としての問題でもある

この1年で特に課題として感じ、考えて来たこととして
働き方や働かされ方について考え・動くようになったのも大きいかなあと思えた。

ふと我に返って色々と振り返ってみると
前社に居た時に「正しさ」によるハラスメントを数多く受けていた事に気付く。
まあこの辺は訴訟とかも絡んで来ちゃうので、もうちょっと後に語れれば語りたいかな。

あと、今年は「ブラック企業」という言葉が一昨年よりも社会に、表に出てきたように思えるんですよね。
電通の女性社員の自殺を筆頭に、色々な問題が誰にも見えるところで噴出してきたように思えます。

まあ、何を今更…と思わなくもないんですが
働き方改革等、国や行政も動き始めている現状は良い方向かなと思えます。

これは誰もが抱えかねない、身近かつ重い問題なんだよね
個人の問題というよりは、社会の病理であり問題と言えるんだよね。

あと、今の現場、議員会館の近くで本当に良かったよ。神の采配ですかねこれは。
色々な人と色々な事をお話するって大事。

まあそれは良いとして、そんな経験の中で
兼業カウンセラーとしては「ブラック会社」や「働き方」「経済的不安」に関する所を相談内容に出来たことは
カウンセラースキルとしては、得難いモノだったかなあと結果オーライにも思えたりw

まだ駆け出しではあるけど
自分のこんな体験が、どこかの誰かを楽にできるモノであることを祈りたいところです。

余談

あっ、そういえば特に関係ないけど
ブラック会社なりの証拠なりを残すにはiPadとiPhoneと余裕があればもう1台くらいスマートフォンがあると良いよ。

録音はiPadともう1台のスマホなりiPhone。
あとは胸ポケットにスマホを仕込んで録画というのが良いです。

あと、メールなりチャットのログなり勤怠記録は、ZIPなりに固めてオンラインストレージなり自分のサーバなりに上げておくと吉。

まあ、そんなことが起きないような職場であることを祈りたいですが。

あ、この1ブロックでそれまでに割と良い事言おうとしたのが台無しになったw

-雑記
-, , ,

Copyright© Regrow Skill , 2018 AllRights Reserved.