DVやモラハラ、毒親等を始めとした家族の問題、アダルトチルドレン、働く上でのストレス等を中心に、現役のシステムエンジニアがカウンセリングを提供しています

Regrow Skill

雑記

あたし、ドン・アルマゲだから

投稿日:

さて、ここ数日SNSでやたらと目にする「#あたし、おかあさんだから」という言葉。
今回はこれについて(とか)ちょっと語ってみようかなと思います。あげぽよ〜

「あたし、おかあさんだから」とは?

「おかあさんといっしょ」で歌のおにいさんを務めていた「横山だいすけ」さん(だいすけお兄さん)の冠番組のコーナーで紹介された歌です。

歌詞の内容は言ってしまうと「子供が生まれて『おかあさん』になったから、進んで自己犠牲を受け入れるんだよ」という事をこれでもかというくらいに語るという内容になっています。
一部引用すると

あたし おかあさんだから
眠いまま朝5時に起きるの

あたし おかあさんだから
大好きなおかずあげるの

あたし おかあさんだから
あたしよりあなたの事ばかり

終始こんな調子で

もしも おかあさんになる前に戻れたなら 夜中に遊ぶわ
ライブに行くの 自分のために服買うの

と、続き、最後には

あたし おかあさんになれてよかった
だって あなたに会えたから

と締めます。
最初からずっと自己犠牲について語りつづけ、一転、最後には子供がいることの喜びで締めるという構成です。

この歌詞を読んで感じた恐ろしさ。えぐられたトラウマ

SNSではこの作品、特に歌詞について拒否反応を示す方が多かったように思います。
たしかにこの歌詞、母親やその子供に対する呪いだな、と僕も思います。

発信側の言い方の問題や、受け取り方の問題等…問題は相互にかつ複雑なものが存在するのでしょうけども、この歌詞はどうも
「母親という役割意識」とはこうあれという呪いの言葉に思えてきてしまい、激しい拒否反応を示してしまう方が多数いるようです。

近くの人間だと、昨年後半に第一子を産んで母親街道邁進中である妻もこの歌詞を読んで「気持ち悪いし受け付けられない」という感想。
事実、SNSで拒否反応を表明している方は現役?の母親たちに多いようです。

母親ではなく、父親である僕もこれを読んで激しい嫌悪感というか、拒否反応に襲われました。
もしやこのあたりの嫌悪感や拒否反応は、母親であるない関わらず男女関係ないところにもあるのかな?と考え、その出処を自身で探ってみたところ…

自身のトラウマに行き当たりました。
自分の場合は「こういう母であるべき」という押し付けを感じたのではなく(そりゃ母じゃないからね…w)
「こういう母であった」自分の母からの抑圧が無意識に、自身の中で一時的に蘇ったからだというところです。

確かに、買いたい服も我慢して…とかその手の類の事はしょっちゅう言われてましたし
こういう事を言われることで自分自身の自己肯定感がとことんまでに下がり続けたという過去があります。
そりゃ、そんな事言われたら「自分なんて居ないほうが良かったのでは…?」ってなりますわ(苦笑)

こういう体験をしたという人も思ったより多かったようで、Twitterではそんなトラウマをえぐられたという方も多く見られました。
「あたし おかあさんだから」が「あんたが いるせいで」に変換されてしまう人が僕も含めて多かったんですよね。

つらかったよねえ。僕ちんも辛かった。そんなの今、思いもよらないところから刺激してほしくないよねえというのが正直なところで、件の歌詞には嫌悪感しか抱けません。
最後の部分はポジティブな言葉を入れたつもりが、これもまた悪い方向に作用している気がします。虚淵作品的な「幸せそうだけど端から見たらエグい」というものを感じます。

類似作品も含めて、何故このような作品が生まれたか

ちなみにこの歌詞を書いた絵本作家「のぶみ」氏は、以前も同じような物議を醸し出したものを世に出しています。

「ママがおばけになっちゃった」という本なのですが
これも先程の歌詞と同じような嫌悪感が出る方多数でした。
こういう作風といえばそれまでなのですが、どうにもトラウマをくすぐるどころか、多数の人の明確な嫌悪感を催すまでのモノがどうして商流に乗ってかつ売れるまでになってしまうのか…というのが疑問でしかたありません。

親がお金出したくないと思っちゃうって、子供向け商品としてどうなんだろ??

彼自身の生育だったりトラウマだったりが作品に現れてるのかなあとも思いましたが、自分は作者の人生については知らんじゃけえのう。
嫌悪感を持って受け取ってしまう、受け取り手の問題もあるにしても、絵本や子供向けの歌ってのは大体においてその商品ターゲットは子どもたちの親としていると思うので
ターゲットである親世代が嫌悪感を持ってしまうものは果たして如何なものかと思うわけです。

そこまで考えたところで一つの考えにたどり着きます。

なんてこった!これ、親をターゲットにしてなくないか!?

ターゲットはそのまた親の世代では?

この人の作品って

・母親という役割にとらわれざるを得ず
・比較的大きな犠牲を払ってきた(と思っている)
・自分のこれまでの選択は否定したくない・されたくない

と強く思っているであろう人が多そうな、つまり…

親のまた親世代をターゲットにしてるんじゃない?という可能性が見えてきました。
おおなるほど。ターゲットはうちらじゃないぞ。そもそもうちら世代って絵本とか童謡とかにお金出すか?
タブレットなりPCなりの画面に写ったYoutubeなりを見せる世代だぞ?絵本とか買わなくね???ってなったわけです。
(個人の観測範囲での認識です。絵本に多くのお金を出す僕らと同じ世代の親もいるとは思う。昔よりは減っただけで)

そうなると、僕ら世代をターゲットに作っても売れないならターゲットは変えざるを得ない。
あれですよ、選挙と同じなんじゃないかな。若者よりも老人向けの政策を優先する政治家みたいなアレ。
あれと同じ事が、こういう業界でも起きてるのではと思ったのです。いやまあ考え過ぎかもしれないけどもw

で、実際のところどうだったかというと

ターゲット世代の変更も可能性は無くはないけど、それだけじゃ弱いかなあという事も考えていましたところ
こんなツイートが回ってきました。

つまり「母親だから我慢している事」を公募することで
いろんな人のちょっとした不満や嘆き等のマイナス感情をどばーっと集めて
その渦巻くマイナス感情のみをこねこねと錬成してしまった結果、単なる怪物を作ってしまったというのが実際のところのようですね。

苦しみや嘆きから生まれた思念の集合体…それが「あたし おかあさんだから」の主人公なのかもしれないですね。

ん?苦しみや嘆きから生まれた思念の集合体???

それって

ジャアクマターショーグン ドン・アルマゲじゃないですか!!!!

はい、今回の本題です。キタコレ!(嘘です)

ドン・アルマゲとは先日2月4日に最終回を迎えた
「宇宙戦隊キュウレンジャー」のラスボスのことですね。

9人の究極の救世主でしたが、最終話では、十二人の十二極の十二世主になった戦隊ヒーローです(違)

まあ、アレですよ。ちょうど一年前に、ジュウオウジャーのジニス様の事について書いたので
今年はキュウレンジャーのドン・アルマゲについて書けたら書いておこうかなと思ったんです。

ジニス様の正体とその心理について、兼業カウンセラーが好きに語ってみたよ

ただ、今回の戦隊ヒーローのラスボス「ドン・アルマゲ」は人間として見た時に(人間じゃないけどw)それほど人間味も感じないし語っても面白くないかなあと思ってスルーしてたんですが
その正体である「苦しみや嘆きの思念の集合体」というところが、タイムリーに今回の「あたし おかあさんだから」の背景にかぶるところがあり、ついついそんなところを書いてしまいましたw

よっしゃラッキー!でトラウマもドン・アルマゲもやっつけちゃおうぜ

今回の戦隊ヒーローを苦しめる悪の総大将であるバケモノ「ドン・アルマゲ」は、なんと宇宙全体の苦しみや嘆きの思念が集まって意思をもってしまった存在。
先の仮説をそのまま当てはめるなら、まさに「あたし おかあさんだから」のおかあさんそのものなのである。
「あたし ドン・アルマゲだから 正体がバレないようにフードかぶるの シスの暗黒卿と呼ばれても」うん、なんかつらそう。

さて、思念体ゆえに倒されても別の誰かに乗り移ることでまさに文字通り「死ねん体」なドン・アルマゲ。
そんな不死身の怪物ですが、去年のジニス様同様に戦隊ヒーローの前では最終的に散る以外ないのです。

で、そんなドン・アルマゲをどうやって倒したかというと

…ごめん、最終回のバトルをちゃんと見てたけど、いまいち決め手が分からなかった…w
主人公のラッキーさん(自称:宇宙一ラッキーな男)のラッキー発動で、なんやかんやあって、ドン・アルマゲにとどめを刺せちゃった。と言ってしまえばそれまで。
思念体に直接攻撃できたとか、地球への突入速度が攻撃力になったとか、いろいろ解釈はあるかとは思いますが…兎に角ラッキーパワーで倒せちゃったんですw

実際は「あらゆる出来事をラッキーとして捉える事ができる、ポジティブなパワー」が彼の力の源泉となっていたのかもしれません。

つまりラッキーパワーとはポジティブパワー
苦しみ嘆きから生まれた怪物はポジティブパワーでやっつける事もできる。

つまり、例の歌詞のトラウマもポジティブパワーでやっつけ、昇華できるのではないでしょうか。
無理矢理に聞こえますか?実は僕も若干無理矢理だなと思いますw

ただ、例の歌詞のような作品に傷つけられちゃうなんてのは凄く悔しいし、それで傷ついている人を見るのも辛いので
ラッキーとかポジティブな気持ちでそれを跳ね除けられないか…と願わずにはいられません。

皆にラッキーがありますように。オッキュー

-雑記
-, ,

Copyright© Regrow Skill , 2018 AllRights Reserved.