DVやモラハラ、毒親等を始めとした家族の問題、アダルトチルドレン、働く上でのストレス等を中心に、現役のシステムエンジニアがカウンセリングを提供しています

Regrow Skill

ロードバイク 趣味

北アルプス山麓グランフォンド2016参加レポ -中編-

更新日:

北アルプス山麓グランフォンド2016参加レポ 前編からの続き>

雨は降っていない…!勝つる!

4時半に目覚ましを掛けておき、無事起床。

見たところ、夜間に雨が降った形跡は無い事を確認し
今のところはひとまず安心。路面が濡れると序盤の下りが本当に怖いからね…w

朝食時に、オーナーからの天気についてのアナウンス。
昼までは晴れになりそうで、夕方はちょっと不安との事。

天気予報も、15時くらいから雨マーク。
最後の激坂で雨かもーと思い、まあなるようになるさーと腹を括る。

宿を出発する直前の空は少し青空も見えているので、ちょっとした希望は持てるw

img_2635.jpg

いざ会場へ…そしてスタート!

会場入りしたのは6時半をちょっと過ぎたあたり。
既に会場には多くの参加者が既にスタート地点に並んでました。

img_2726.jpg

写真を見て分かる通り、思いっきり逆光
つまり、太陽が出るくらいに晴れていると言うこと

というか、快晴になってた。どひゃー。やったー!

img_2725.jpg

山にかかる雲が凄く綺麗。

開会式では、去年もいた(はず)パーソナリティのおねえさんが気持ちの良いハイテンションな声で開催を宣言。
市長のご挨拶とかのプログラムが進み…あっ、マイクの音が途切れ途切れでたまに言葉が聞き取れない…なんて事もありながらも無事スタート。

大体4~5人ずつ並んで順々にスタート

img_2729.jpg

序盤は地獄のダウンヒル

標高1100m地点からスタートした直後

一気に300m程を駆け下ります。
ぶっちゃけ怖い。マジで怖い。
斜度が高い所では10%くらいに達する所もあるので、もう落ちる落ちる…w

ブレーキを軽く握っていても簡単に50km/h~60km/h出ちゃいます。
コーナーも多く、しかもたまにガードレールが無い所もあるので
うっかり道の外に飛び出すと、山から真っ逆さまに落ちて死ねますw

ブレーキを握りやすくするため、常時下ハンは鉄板。
降りる事への緊張やらコース取りへの集中やらで、ある意味登り以上に消耗しました。
緊張で力が入り過ぎる感じもあったので、握力もきついきつい…w

 

慣れている人にとってはどうという事は無いのかもしれませんが
僕はここまでの下りは殆ど経験がないので、本当におっかなびっくりでした。コーナリングも下手っぴだしね。
いやー怖い。また下りたい(おい

路面もひび割れしている箇所がそこそこあり、振動も怖いんですよねー。

ただ、今年からニューバイク「Domane5.2」での参加だったので
前よりも振動に対する快適性があったような気がしました。
このテの快適性は、後々に残る疲労を減らす意味でも重要だなーと感じました。

エイドでの食事を楽しむ

地獄のダウンヒルwを終えて程なく、ちょっとした登りを経て最初のエイドポイントに到着

img_2655.jpg

スキーのジャンプ台。こんな高いのなー

img_2649.jpg

お味噌汁が振る舞われる。

第一エイドを出発、景色を楽しみながら
アップダウンもあまり無い道を走る走る…
この区間の平坦で大体平均25km/hから30km/hの間くらいだったかな??

img_2740.jpg

稲穂が綺麗。

程なく第二エイド。
img_2657.jpg

信州手打ちそばを頂く。これがまた美味しい。
汁まで飲みきって、塩分補給(過多かも)

次のエイドまでも、そこまでの坂はなく平和に進みます。

後編へ続く

-ロードバイク, 趣味
-, , ,

Copyright© Regrow Skill , 2018 AllRights Reserved.